blog

Topics

2022.07.31コルウのビスポークジャケット 〜 裁断 〜




生地の上に型紙を置いていきます。


生地の長さは限られているので、効率よく差し込んでいきます。


でもチェック柄なので、身頃と袖の縞合わせも考えないといけません。








差し込みができたら、生地にチャコを入れていきます。


後でこのチャコで入れた線に沿って、”きりび” を打っていきます。








手慣れている職人ほど動作に無駄がなく、素早く、且つキレイに作業が進みます。


一種の”色気”を感じるような所作ですね。









ハサミを入れているシーン。


1枚の生地を折り畳んでいるので、2枚重ねになっています。


まとめて2枚切ると縞がズレるので、上の1枚を切った後に合わせて下の1枚を切ります。








下の2枚目を切っているシーン。


左手の影になっていますが、1枚目と2枚目の縞を合わせているのがわかります。








裁断終了!


上に載っている紐状のものは生地のミミです。


裁断した生地はこのミミで縛ってまとめておくことが多いですね。


次回は仮縫い!








Blog一覧へ